« 「ねこ」アルバム-13:ごろり | トップページ | 「ねこ」アルバム-14:今日の株価は? »

2007年6月 5日 (火)

フランス旅行-17:パリの美術館

パリには実に多くの美術館があります。

ルーブル、オルセーが有名なようですが、今回の旅では、ピカソ美術館に行きました。

Dscf3441

作品は撮影禁止でしたので建物の写真しかありませんが、ピカソの作品を数多く所蔵する美術館として、ガイドブックにも載っています。

Dscf3453

ヨーロッパの美術館では、そこでスケッチする学生がいたり、ベンチに座り作品の前で文章を書いている人がいたりして、美術をとても身近な存在として接している風景を見かけます。

Dvc01193

美術館の中庭にはピカソの彫刻が並んでいます。

白いパラソルはカフェになっています。パラソルと彫刻がとても似合っています。

こんな美術館が住んでいる近くにあるのはとても幸せなことだと、憧れてしまいました。

ちなみにこの建物、「オテル・サレ(塩の館)」を改修したものです。後で気付いたのですが、世界遺産のアルケスナン王立製塩所といい、塩つながりの旅でもありました。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

|

« 「ねこ」アルバム-13:ごろり | トップページ | 「ねこ」アルバム-14:今日の株価は? »

旅行・フランス旅行」カテゴリの記事

コメント

僕はたまに世田谷美術館に行っています。
内井さんは好きな建築家の一人でなのですが、世田谷美術館のライトやアアルトを思わせるデザインが特に気に入ってます。
ただ大気汚染の為か、屋根が緑色にならずに、赤っぽく変色しているのが気になります。
多磨霊園のみたま堂も墓参りの度に、つい立ち寄ってしまう建物です。

投稿: 凛太郎 | 2007年6月 5日 (火) 22時51分

凛太郎さん

世田谷美術館へは歩いて行けるのですか。
わたしの家の近くには美術館がありません。残念です。

テレビのニュースやコマーシャルでも、やたらと「エコ」が言われています。
大気汚染の影響は中国による部分もあると言われており、世界規模で考えなくてはならない時代のようです。

投稿: いさぶろう | 2007年6月 7日 (木) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398105/6609361

この記事へのトラックバック一覧です: フランス旅行-17:パリの美術館:

« 「ねこ」アルバム-13:ごろり | トップページ | 「ねこ」アルバム-14:今日の株価は? »