« フランス旅行-22:食べる愉しみ-1 | トップページ | 「ねこ」アルバム-19:遊び »

2007年6月21日 (木)

フランス旅行-23:食べる愉しみ-2

□ パリ

パリは、この旅最後の街ということもあり、ちょっと贅沢をして、知人に「ステラマリス」を予約してもらいました。

Dscf4556_1

食事の写真は撮りませんでしたが、旅の日記を見返してみると、食事の後に食べたメニューがスケッチで残っていました。

食前酒のシャンパンを飲みながら、パイシューで包んだ暖かいチーズ、芋のスライスにチーズのせオニオン風味、グリンピースのスープを頂きました。

ボーヌのプルミエクリュの白ワインを飲みながら、ワイフはアスパラ3種と手長海老のクレープ巻き、わたしはバターソースを敷いた手長海老のラビオリを前菜で頂きました。

Dscf4561

このワイン、調べてみると日本人ワイン醸造家、新井順子氏のものであることを知りました。

アロースコルトンの赤を飲みながらのメインは、ワイフは兎のパイ包み焼き、わたしは子羊の骨付きの香草焼きを食べ、シャンボールミュジニーの赤ワインを追加し、口直しにパプリカのスープを頂きました。

デザートは、ワイフはスフレとアイスクリームを選びました。結婚して間もないころ、表参道の萬養軒で食べたスフレに並ぶ、人生で1、2を争う美味しさだと喜んでいました。わたしは4種のシャーベットを頂きました。

食後は、乾燥オレンジ、イチゴ味のマカロン、チョコ味のマドレーヌとエスプレッソで締めました。

Dscf3468

旅してきた村々のワインを飲み、美味しい食事を堪能し、満足いくひと時を過ごしました。

最後に、吉野シェフと記念の写真を撮らせていただきました。

この日が今回の旅の最後の夕食でした。

最後に、ちょと変わった場所のレストランを紹介します。

Dscf3456

Dscf4370_1

パリの街並みの中で、特異なデザインを見せるポンピドゥー・センター最上階にあるレストランです。

美術館を訪ねた後、パリの街を見ながらの食事は気持ちのいいものです。(そのフロアーには日本人建築家の事務所もあります。)

Dscf3457

今回の旅では、様々な街に行き、いろんな料理を食べました。

一番印象に残っているのはボーヌ郊外のチャームホテル での朝食です。

自然の恵みと素朴な料理、もてなしの心、出会い等、料理の思い出はそうした要素が複雑にからまり、楽しい思い出になっています。

Dscf3307_3 Photo_67

もう一度フランスに行きたい。そう思いながらの旅の記録となりました。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

|

« フランス旅行-22:食べる愉しみ-1 | トップページ | 「ねこ」アルバム-19:遊び »

旅行・フランス旅行」カテゴリの記事

コメント

お写真がないぶん、頭の中で想像しながら読ませていただきました(^_^)
妄想・・・いえ、想像だけでワイン一本開けちゃいそうです(笑)
旅行中の食事はお味はもちろんですが、そのお店の雰囲気や接客、窓からの景色など全てが思い出になりますよね。
ご夫婦で素敵なディナーを満喫されたのがこちらにも伝わってきました♪
でも一番印象に残っているのが、チャームホテルの〜・・・とてもよくわかります。
わたしも旅行のこと、特にボーヌでの朝食のことを思い出すと、
朝特有の空気の匂いまで思い出すようです。。。あぁ、また行きたい!

投稿: may | 2007年6月22日 (金) 09時26分

mayさん

楽しい思い出は、かけがえの無いものですね。時には、カメラを構えない方が、印象に残ることもあることに今頃になって気付きました。

mayさんのボーヌの朝食も、とても気持ち良かったのでしょうね。

投稿: いさぶろう | 2007年6月23日 (土) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398105/6722389

この記事へのトラックバック一覧です: フランス旅行-23:食べる愉しみ-2:

« フランス旅行-22:食べる愉しみ-1 | トップページ | 「ねこ」アルバム-19:遊び »