« 生活スケッチ-22:からすみ | トップページ | イタリア旅行-16:タオルミーナの朝 »

2007年7月26日 (木)

イタリア旅行-15:タオルミーナ

シラクーサの町を経て、シチリアのリゾート地として有名な町、タオルミーナに到着しました。

Photo_73

この町は、ジャック・マイヨールという実在するダイバーの伝記的映画、「グランブルー」の撮影が行われた町としても有名です。

Dscf4703

映画の主人公であるジャック・マイヨールの友人でありライバルを、ハリウッドデビュー前のジャン・レノが演じており、上の写真にあるプールでピアノを弾くシーンや、ジャン・レノ演ずるエンゾが、「マンマ以外の人が作るパスタをはじめて食べた。」と告白するレストランが、わたしたちの宿泊するホテルで撮影されました。

Dsc00202

Dsc00166

この映画では、主に2つのホテルが登場します。

一つは、サン・ドメニコ・パレス・ホテルという五つ星のホテルです。

このホテルは、トップシーズンでは無かったのですが、予約が取れませんでした。

そこで、レストラン、プールの舞台となったもう一つのホテル、グラン・アルベルゴ・カポ・タオルミーナがわたしたちの宿となりました。

Dsc00161

このホテルからは、エトナ山が見えます。

この数日のニュースで、エトナ山と思しき映像を度々見かけましたが、何を言っているか解りませんでしたが、現地について、どうやら噴火しているらしいことが解りました。

Dvc01297

このホテルは、山の中腹にあるタオルミーナの中心街からは海よりの高さで、タオルミーナ岬の先端に建っています。

そして、ホテルからは、海まで降りるエレベータがありあます。

Dvc01298

通路が出口に近づいた場所には、通路を挟んで、シャワーブースがありあました。

Dsc00168

これがこのホテルのプライベートビーチです。

Dvc01300 ・;

砂浜というより、大理石の玉砂利浜です。

上の写真で、手前が黒く見えているのがエトナ山の噴煙です。

波で洗われるところが本来の白い砂浜です。

このホテル、タオルミーナでは有名なホテルですが、完全にアメリカンスタンダードのホテルです。その為、シチリアを見てきたわたしには、ここがイタリアとは思えない雰囲気でした。

これは個人の好みですが、こうした事情はガイドブックにはあまり書かれていませんので、選ぶ時はご注意を。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

|

« 生活スケッチ-22:からすみ | トップページ | イタリア旅行-16:タオルミーナの朝 »

旅行・イタリア旅行」カテゴリの記事

コメント

グランブル-はシチリアが舞台だったんですね。
グランブル-のジャン・レノの物真似が得意な時期が有りました。

投稿: 凛太郎 | 2007年7月30日 (月) 09時17分

凛太郎さん

グランブルーのジャン・レノの物真似とは初耳です。
今度、是非、披露して下さい。

投稿: いさぶろう | 2007年7月30日 (月) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398105/7287360

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア旅行-15:タオルミーナ:

« 生活スケッチ-22:からすみ | トップページ | イタリア旅行-16:タオルミーナの朝 »