« イタリア旅行-28:ペンションの食事 | トップページ | 生活スケッチ-29:森の時間 »

2007年9月 7日 (金)

生活スケッチ-28:マグロの生ハム

台風9号が、東京に上陸。今日の午前中には、時折強い風を残しながら、日本列島を北上して行きました。

Dsc_0040

今回の台風は、都心部に豪雨はもたらしませんでしたが、山間部に大量の雨を降らせたため、関東平野を流れる河川の多くが、川幅一杯まで水につかる状況でしたが、川が氾濫するまでには至らず、被害は最小限で収まったようです。

山の保水力が落ちて来ていると聞きます。そのため、山に降った雨水が、あまり時間をおかずに川に流れ込み、ダムを満杯にして、平野部に流れ出てくるようです。

治水は国家の事業であることは、昔も今も変わらないと思いますが、ダムを造るだけでなく、あらゆる自然の力を活かして、治水が進むことを考えなくてはならないと思います。

話は全く変わりますが、変わった生ハムを頂きました。

Dsc_0001

マグロの生ハムです。

紀州沖で上がったクロカワカジキマグロを、船上で血抜きして鮮度を確保し、生に近い状態でハムにしたものです。

透き通るほど薄くスライスしてありました。

早速、野菜の上に盛り付け、レモンとオリーブオイルのドレッシングで頂きます。

Dsc_0008

スモークされたような香りを残しで、あっという間に口の中で消えて行きます。

前置きが長かったのですが、不思議な味でした。

イタリアの生ハムは、塩味と肉の味が強く、いろいろなものに合わせて食べることが出来ます。

マグロの生ハムは、味が繊細すぎて、どのようにして食べるのが美味しいのか、よく解りませんでした。

出来れば一度、ブロックで味わってみたいものです。

Banner_2

|

« イタリア旅行-28:ペンションの食事 | トップページ | 生活スケッチ-29:森の時間 »

生活」カテゴリの記事

コメント

マグロの生ハム!?初めて聞きました。お味の想像がつきません・・・(^_^;)

↓ペンション、いいですね〜。連泊してワインボトルをキープ、なるほど!
しかもテラスからフェレンチェの街を眺めながらのコーヒー、なんて優雅な一時なのでしょう!!

投稿: may | 2007年9月 9日 (日) 11時26分

東京では滅多に体験出来ないような台風でしたね。
総雨量は記録的なものでしたが、最近時々振るようなスコ-ルの様な集中豪雨ではなかったので、都心部での被害はあまり無かったようですね。
山が保水力を無くしているのは、樹木の減少が原因でしょうか?
日本は林業を復活させ、山を生き返らせる事が、環境にも災害対策にも有効だと思うます。
マグロのハム、是非味わってみたいものです。

投稿: 凛太郎 | 2007年9月 9日 (日) 18時52分

mayさん

まぐろの生ハム、表現力がなく、言葉でうまく説明できないのです。
また、食べた量も少なく、うっすらとしか記憶をたどることができません。
どこかで見かけたら、ぜひ、試してみて下さい。

フィレンツェ郊外のペンション、とても良かったです。
宿からフィレンツェの町まで、バスのチケットもサービスしてくれます。
フィレンツェの町に日が沈んでいく景色は、今も強く記憶に残っています。

投稿: いさぶろう | 2007年9月 9日 (日) 22時45分

凛太郎さん
仕事がら、ああした悪天候の後は、気が気ではありません。
凛太郎さんは如何ですか?

投稿: いさぶろう | 2007年9月 9日 (日) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398105/7848151

この記事へのトラックバック一覧です: 生活スケッチ-28:マグロの生ハム:

« イタリア旅行-28:ペンションの食事 | トップページ | 生活スケッチ-29:森の時間 »