« 「ねこ」アルバム-37:まいった | トップページ | 生活スケッチ-38:イタリア展 »

2007年10月11日 (木)

生活スケッチ-37:トラットリア

昨日、かつて日本で一番予約の取れない店と言われた銀座のトラットリア、「ラ・ベットラ・オチアイ」に食事に行きました。

9月の初め、何時間も電話をして、ようやく、予約が取れたのでした。

ヨーロッパにも一緒に行った先輩のご夫婦と、以前勤めていた会社で同じグループにいた先輩のご夫婦と6人での食事となりました。

食事はシェアすることにして、前菜、プリモ、セコンダを3種類オーダーしました。

Hi370038

前菜で一番美味しかったのが、「牡蠣とパンチェッタのバルサミコソース」でした。

牡蠣の身の味と、パンチェッタ+バルサミコの濃い味が、見事に調和しており、初めて食べる味でした。

プリモは、季節ということで「ポルチーニのリゾット」、「雲丹のパスタ」、「白レバームースのパスタ」をオーダーしました。

Hi370039

「白レバームースのパスタ」は、この店に来る度に注文するのですが、何度食べても「美味しい~」とうなってしまいます。

メインは「スペアリブの煮込み」、「すずきのジェノベーゼソース」、「ミックスグリル」をオーダーしました。

Hi370042

こんがり焼かれた皮の部分と、プリプリした身がとても美味しかったです。

その後、食後酒に「レモンチェロ」、「サンブッカ」、「ハーブの香りのお酒(名前を忘れました。」を飲み、ドルチェをいただきました。

Hi370047

ラ・ベットラの自慢のプリン。美味しかった。

Hi370048

紅茶のムースは、紅茶味と簡単に片付けられない、素朴で味わい深くいただきました。

どの料理も、とりたてて高級な素材で特別な味を作り出しているのではありませんが、とても素直に、「美味しい」といってしまう料理でした。

ただ、残念なことに、このコースでも、量的に限界であることがわかりました。

何度か食べに来ているのですが、こんなことは初めてでした。

年には勝てないものです。

しかし、美味しく食べるということは元気がでます。

ありがとう。ごちそうさま。

|

« 「ねこ」アルバム-37:まいった | トップページ | 生活スケッチ-38:イタリア展 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

最初の牡蠣の料理が一番美味しそうですね。
最近贅沢をしていないので、僕もたまには
美味しいものを、食べに行きたくなりました。

投稿: 凛太郎 | 2007年10月14日 (日) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398105/8356265

この記事へのトラックバック一覧です: 生活スケッチ-37:トラットリア:

« 「ねこ」アルバム-37:まいった | トップページ | 生活スケッチ-38:イタリア展 »