« 生活スケッチ-47:奥多摩 | トップページ | 「ねこ」アルバム-43:箪笥の上で »

2007年11月18日 (日)

生活スケッチ-48:高層ビル

新宿の町を自転車で走っていると、様々な高層ビルのデザインを見ることができます。

新宿西口に工事中のビルです。

Hi370060

頂上と地面の近くが細く、中間が膨らんだ形をしており、米粒を巨大にして立てたような形です。

表面には、包帯を巻きつけたような斜めの帯が走っています。

建築工事の前に掲げられていた完成イメージでは、この白い包帯が、建物を支える柱、梁であると思っていたのですが、現在の状況でみると、単なる飾りのように見えます。

Hi370062

これは、新宿副都心に建っている新宿三井ビルです。

1974年に完成したこのビルの側面には、写真に見えるようなクロスが見えます。

これは、建物の強度を高めるために必要なもので、それをガラスの内側に隠すことは可能なはずですが、あえて見せています。

Hi370063

このビルは、新宿から少し離れた中野坂上にあるビルですが、斜めのパイプをデザインとして見せています。

1996年に完成したこのビルは、三井ビルから20年の時を経て、複雑な構造計算を可能にするコンピュータの力を借りて、より複雑な形態を示しています。

さて、最初の工事中のビルですが、さらに10年の時を経て、構造技術の進歩は、一見不安定に見える米粒型の形態を可能にしました。

しかし、包帯はいかがなものでしょうか。

竹ひごを組んで造った照明の笠があります。竹ひごが構造体になっています。

このビルは、一見、この竹ひご構造と同じに見えるのに、実際には包帯にしか見えません。

この建物が完成してどのような評価を得るのか、楽しみです。

|

« 生活スケッチ-47:奥多摩 | トップページ | 「ねこ」アルバム-43:箪笥の上で »

デザイン」カテゴリの記事

コメント

ちっと滑稽なデザインだとしか言い様がありませんね。
建物のシルエットは面白いのに、何でそんな変な飾りを付ける必要があったのでしょうか?
オ-ナ-の意向か何かだったのでしょうか???

投稿: 凛太郎 | 2007年11月18日 (日) 18時25分

凛太郎さん

このビルも、来年には工事完了するでしょう。
このデザインが、どのように評価されるのか、話題になるのか。その時にいろいろなことが解かってくると思います。

投稿: いさぶろう | 2007年11月20日 (火) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398105/8900303

この記事へのトラックバック一覧です: 生活スケッチ-48:高層ビル:

« 生活スケッチ-47:奥多摩 | トップページ | 「ねこ」アルバム-43:箪笥の上で »