« 「ねこ」アルバム-45:訪問 | トップページ | 生活スケッチ-54:クリスマス »

2007年12月18日 (火)

生活スケッチ-53:蕎麦打ち

沼田の温泉旅館の旅の続き。

旅館の帰り、群馬県渋川から長野街道を北上した小野上温泉で蕎麦打ちを体験しました。

Dsc_0189

JR吾妻線、小野上温泉駅のすぐ近くには、日帰り温泉の「小野上温泉センター」に隣接するふれあい館でのことです。

Dsc_0191

蕎麦打ち体験は初めてです。

そば粉:小麦粉の比率が半々で、つなぎとなる小麦粉の量が多いと、初心者でもこねることが出来るとのこと。

比率が8:2となる二八蕎麦等になると、難易度が上がるとのことです。

Dsc_0198

水を混ぜながらこねて行きます。

その日の気温、湿度によって水の量は微妙に変わるとのことです。

Dsc_0201

左手の親指で粉をくの字に折り曲げながらこねます。

Dsc_0210

続いて、麺棒で延ばします。

巻いては引き、広げては向きを変え、厚みが一定で薄く延ばすのですが、こればかりはコツがいります。

Dsc_0218

なんとか延ばし、それを折りたたんで切ます。

みんなでワイワイ言いながら、薄いの厚いの様々に切りました。

Dsc_0222

茹でます。沸騰してからほぼ1分。

Dsc_0225_2

完成です。

食べてみると、粉を均一に延ばすこと、そして均一に切ることが、どれだけ蕎麦の味に影響するかわかりました。

店で職人の技で打たれる蕎麦がいかに美味しいか、よくわかりました。

でも、もう一度やってみたい体験となりました。

|

« 「ねこ」アルバム-45:訪問 | トップページ | 生活スケッチ-54:クリスマス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ちょっと、ちょっと!!
うどんみたいになってませんか?
でも、自分で打った蕎麦は、さぞや美味しいことでしょうね。

投稿: 凛太郎 | 2007年12月19日 (水) 17時57分

凛太郎さん

地元のそば粉を販売していましたが、いわゆる殻の部分の無い白い粉でしたので、どうしてもうどんのように見えてしまいます。
うどんに比べると、柔らかいため、こねたりするのにはあまり力は必要ありませんでした。
食べた食感はうどんに近いものがあったかも?

投稿: いさぶろう | 2007年12月21日 (金) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398105/9467533

この記事へのトラックバック一覧です: 生活スケッチ-53:蕎麦打ち:

« 「ねこ」アルバム-45:訪問 | トップページ | 生活スケッチ-54:クリスマス »