« 「ねこ」アルバム-46:立ち猫でアタック | トップページ | 生活スケッチ-56:CM »

2007年12月26日 (水)

生活スケッチ-55:グッゲンハイム美術館

先日、イタリアにも一緒に行ったことのある先輩ご夫婦から、ニューヨークのお土産を頂きました。

12月の初め、ニューヨークにプライベートの旅行をされたとのこと。

Dsc_0012

大きなマグカップを2つも。重くて嵩張ったのに、ありがとうございました。

このマグカップ、「FRANK LLOYD WRIGHT COLLECTION」と書いてあります。

20世紀を代表するアメリカの建築家、フランク・ロイド・ライトが設計した、ニューヨークにあるグッゲンハイム美術館で購入したとのこと。

我が家では、知人からもらったクリスマスカードをクリスマスの飾りつけとして出してくるのですが、その一つにこの美術館のカードがあります。

Dsc_0016

大阪の友人がアメリカ勤務の時、送ってくれたカードです。

カードの下に描かれているのがグッゲンハイム美術館で、このカップは、この美術館の形をモチーフにしたものです。

美術館の内部は、螺旋の形に緩やかに下るスロープがあり、そのスロープをぐるぐる歩きながら、展示を鑑賞するものです。

そのスロープの特徴が、外観にも反映されています。

早速、朝のコーヒーにこのカップを使わせて頂いております。

ユニークな美術館、ユニークなカップ。

ありがとうございます。

|

« 「ねこ」アルバム-46:立ち猫でアタック | トップページ | 生活スケッチ-56:CM »

生活」カテゴリの記事

コメント

とってもおしゃれなマグカップですね!
コーヒーもますますおいしくなることでしょう♪
クリスマスのカードをツリーに飾るというアイデア、よいですね〜。
来年は参考にさせていただきます(^0^)

投稿: may | 2007年12月26日 (水) 16時11分

mayさん

我が家では、まだまだ正月気分になりたくないので、家の中でクリスマスのイルミネーションが光っています。
クリスマスのカードも、すぐしまうのももったいないので、もう少し飾っておくことにします。

投稿: いさぶろう | 2007年12月26日 (水) 17時04分

僕はアメリカに行きたいと思ったことは無いのですが
ライトの建物、特にニューヨークのグケンハイムだけは見てみたい建物です。
このカップと模型、今度お邪魔する時に、是非見せてください。

投稿: 凛太郎 | 2007年12月30日 (日) 11時39分

凛太郎さん
私もアメリカ本土には行ったことがありあません。
どちらかと言うと、やはりヨーロッパに心惹かれます。
凛太郎さんはライトの建築が好きなんですね。
ヨドコウ、楽しみです。

投稿: いさぶろう | 2007年12月31日 (月) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398105/9573170

この記事へのトラックバック一覧です: 生活スケッチ-55:グッゲンハイム美術館:

« 「ねこ」アルバム-46:立ち猫でアタック | トップページ | 生活スケッチ-56:CM »