« 四国旅行-8:讃岐うどんを食らう-1 | トップページ | 四国旅行-10:東山魁夷せとうち美術館 »

2008年1月21日 (月)

四国旅行-9:讃岐うどんを食らう-2

四国旅行、讃岐うどん探訪のつづき。

次の予定地は瀬戸大橋記念公園と丸亀です。

見学地周辺のうどん店の情報は全て持ってきました。

高速道路に乗る関係から、瀬戸大橋記念公園に先に行き、そのあと、うどんめぐりを2軒予定していました。

「さか枝」の次、坂出近くの「日の出製麺所」に向かいます。

しかし、とんでもないミスをしてしまいました。

「日の出製麺所」に着いたのは12時30分ごろだったはず。

しかし、車を止め、行列に並ぼうとした時には時計の針が40分を指していました。

そうしたところ、列を整理しているおじさんからバッテンをくらいました。

後で資料を見返してみると、確かに営業時間が12時30分までと書いてありました。

予定変更。5キロ程離れた「なかむら」に向かいました。

車は田んぼと民家の並ぶせまい道を走ります。まるで映画「うどん」に出てくる風景。

期待が高まりました。

Dsc_0194

「え~~」と、思わず声を上げてしまった売り切れの看板。

わたし達が車をターンさせている間にも、次々お客さんがやってきていました。

すごい人気です。

ふたたび目的地の変更。

時間が1時をまわっていることもあり、もう、失敗は許されません。

最後となる訪問店を、釜揚げうどん「長田in香の香」に決めました。

途中には、駐車場が一杯の店もあれば、がらがらの店もありました。

Dsc_0205

店に到着、駐車場は車でいっぱいです。

Dsc_0204

店に入ると、行列が出来ていました。

メニューは「釜揚げうどん」1種類。

おけに入った「釜揚げうどん(タライ 小)、1,000円」を注文。

周りのお客さんを見ていると、次々に追加注文しています。

Dsc_0198

だしはテーブルに置いてあり、器に注ぐと、だしの強い香りが立ち上りました。

Dsc_0202

熱いだしに熱い麺をつけて食べる。「う~ん、うまい!!」

薬味の葱を入れて食べ、生姜を入れて食べてみます。

「これもうまい!!」

Dsc_0203

あっという間に食べ終わってしまいました。

お土産にだし(生)を購入。氷の入ったペットボトルをもらい、保冷バッグに入れ、まだ旅前半にかかわらず、東京まで固い意志を持って持ち帰ることにしました。

(持ち帰ったときの状況は1月9日に書きました。)

結局、うどんは4軒周り、2軒しか食べることが出来ませんでした。

心残りではありますが、またいつか、食べに来れると信じて、旅を続けることにしました。

|

« 四国旅行-8:讃岐うどんを食らう-1 | トップページ | 四国旅行-10:東山魁夷せとうち美術館 »

旅行・四国旅行」カテゴリの記事

コメント

二軒目も売れ切れだったときには
どうなるかと思いましたが
この釜揚げうどんは、本当に美味しかったです。

投稿: 凛太郎 | 2008年1月23日 (水) 11時53分

凛太郎さん

讃岐のうどん、さすがに美味しかったですね。
讃岐の人達がうらやましい限りです。

投稿: いさぶろう | 2008年1月25日 (金) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398105/9883854

この記事へのトラックバック一覧です: 四国旅行-9:讃岐うどんを食らう-2:

« 四国旅行-8:讃岐うどんを食らう-1 | トップページ | 四国旅行-10:東山魁夷せとうち美術館 »