« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月26日 (水)

四国旅行-21:最後に大阪

おじさん3人の四国旅行もいよいよ最後の見学となりました。

東大阪にある司馬遼太郎記念館に向かいます。

車は阪神高速を抜け、住宅街を迷い、地元のおばちゃんに場所を確認して、ようやく到着することが出来ました。

Dsc_0519

住宅街の中に建つこの建物は、地元のボランティアと思われる人達の協力で運営されている様子で、司馬氏がいかに地元に愛されていたかが解ります。

Dsc_0527

敷地の中には氏の書斎が残されており、めがねやペンがそのまま残されていました。

Dsc_0524

氏の書斎を抜けると、これが新しい建物のエントランスになります。

曲面の廊下を進むと、エントランスホールがあります。

ホールには階段があり、階段の正面からは、繊細なステンドグラスを通して光が入ってきます。

その階段を降りると、壁一面が本で埋め尽くされた展示室に入ります。

Photo

内部の撮影は出来なかったので、パンフレットになりますが、2層分の天井高さの展示室の壁全面が書棚になっています。

壁の前に立ち、展示されている本を見ます。

本のタイトルが目に入り、中身をイメージします。

本のタイトルを追って、少しずつ上に目を走らせます。

視界に入ってくる本のタイトルが増え、タイトルが判別できないほど上を見上げると、その視界には、何百、何千という本が目に飛び込んできます。

その体験は、正に、司馬氏の脳を見てるようで、感激しました。

この展示空間自体が、氏を表し、氏のイメージそのものになっていました。

展示内容と空間が見事にマッチした、素晴らしい建物でした。

建物を見終わって、皆の一致した感想は、この施設の素晴らしさでした。

今回の旅では、多くの建物を見ました。

特に、現代の日本を代表する世界的建築家、安藤忠雄氏の建物を多く見ました。

その中で、淡路島で訪問した本福寺と、司馬遼太郎記念館では、素晴らしい体験をすることが出来ました。

今回の旅は、道後温泉と松山。松山→坂の上の雲→司馬遼太郎のコンセプトがありました。

しかし、松山の坂の上の雲ミュージアムと、司馬遼太郎記念館では、伝わってくるものに明らかな差がありました。

坂の上の雲ミュージアムが道路特定財源で出来ているからとは思いませんが、司馬記念館は、展示と空間が見事に融合し、建物に対する愛情が、施設の人達から伝わってきました。

やはり建築は、そこで生活する人やその中身によって、これほどまでに変わってしまうものであることが解りました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年3月23日 (日)

生活スケッチ-61:春の訪れ

東京でも桜が開花しました。

ニュースを聞いて町に出てみると、まだつぼみですが、ピンクに色づき始めています。

来週には満開になるとのこと。

我が家のバルコニーにも、春の訪れが。

Dsc_0010

すみれの花が開き始めています。

このすみれは3年になるそうで、ワイフが好きで選んだそうです。

Dsc_0012

花粉ばかりが気になり、外出は最小限にしていますが、窓の外には確実に春が近づいています。

今日、「メントレG」というTV番組が志村けんをゲストに迎えていました。

この時間、我が家では「佐々木夫婦の仁義無き戦い」を見ていましたが、友人から電話。

「おまえが出ている!」とのこと。

一月ほど前、新橋で「メントレG」のインタビューを受けていました。

まさか、とは思いながら、一様録画をしていたので、再生して見ました。

実際写っていたのは一瞬。「20代から50代の男性にアンケートしました。」のナレーションの背景に、白黒で写っていただけ。

インタビューではいろいろな質問に答えたのですが、他の部分は使われませんでした。

TV番組というのも大変なものだと思いました。

ビデオを編集するので解るのですが、テーマや映像のつながり具合を考慮しながら編集すると、使えるシーンというのは非常に少なく、ましてや1時間の番組を構成するプロの番組では、相当な映像情報を集め、集約されて消えていくのでしょう。

しかし、その一瞬を見逃さなかった友人には驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

四国旅行-20:神戸

宝塚で教会を観たわれわれは、続いて芦屋に向かいました。

明治村にある旧帝国ホテルを設計したF.L.ライトによる旧山邑邸を見学するためです。

日本に現存するライト氏の建物は、この他には東京目白の自由学園、世田谷にある旧林愛作邸(非公開)しかありません。

山邑邸は、現在はヨドコウという鋼板メーカーの迎賓館として公開されています。

神戸の地震の時にはかなりの被害を受けたそうで、復旧には相当の費用が必要だったようです。

Dsc_0483

建物は芦屋川沿いの丘の中腹に建っていました。

駐車場からアプローチすると、木々の間に玄関が見えました。

Dsc_0493

内部は撮影禁止でしたが、テラスからダイニングを見た部分です。

石に細かな彫刻を施した装飾があり、その幾何学的模様が、独特の世界を作っています。

Dsc_0501

一通り観たあと、今度はゲストになったつもりで、再び玄関から階段を登り、和室を通過し、ダイニングまで歩いてみました。

小さな建物ではありましたが、廊下や階段の角を曲がる度に、計算された、かつ、自然な風景が広がり、とても新鮮な発見がありました。

F.L.ライトは、20世紀初頭に活躍した世界を代表する建築家の一人ですが、今の時代にも驚きと新鮮さを与える、素晴らしい建物でした。

Dsc_0512

氏のデザインした照明器具です。

ヤマギワというメーカーから氏の照明器具が発売されていますが、注意していると、テレビCMやドラマセット等で見かけることがあります。

1世紀を超えて生き残るデザイン。

納得させられた旧山邑邸の訪問となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

四国旅行-19:姫路から大阪へ

瀬戸内海を渡り、尾道から姫路まで走ったわれわれは、その日の夜は早々に就寝しました。
宿泊したのは厚生年金の施設ですが、選んだ理由は料金が安かったからですが、この施設、とても豪華で驚きました。

Dsc_0448

しかし、残念ながら、この豪華な施設では寝ただけ。最終日は、東京への約600kmの旅が残っています。

最終日、訪問地は神戸、大阪です。

姫路から中国自動車道を通り、神戸に入りました。

Dsc_0476_2

最初は宝塚で教会を見学しました。

住宅街の中、阪急電鉄の線路脇に、その教会はありました。

Dsc_0478

鋭角に立った屋根の頂部に十字架が見えます。

Dsc_0477

こうした教会が、ずっと昔からここにあったように馴染んで建っている風景は、意外と東京では見たことがありません。

Dsc_0471_2

その日が日曜日ということもあり、ミサに参加する人達が集まってきました。

建物を見たいことを告げると、同様の見学者がそれなりにいるらしく、普通に招き入れてくれました。

Dsc_0462

ざらざらした手触りの曲面にうねった壁と、緩やかな曲面の木の天井で、その教会はできていました。

宗教的荘厳さではなく、生活の中で祈るための空間がそこにあり、とても落ち着いた気持ちになれました。

この建物は、赤坂の迎賓館の改修や、箱根プリンスホテル、甲南女子大学など、日本を代表する数々の名建築を、独自のスタイルで造り続けた建築家、村野藤吾氏によるもので、1966年に建てられました。

氏は、どちらかというと公共施設よりも民間施設を数多く手がけたこともあり、時代の流れと老朽化の問題で、古いものが次々と失われています。

そうした中にあって、この教会は、信者の人達によって、丁寧に、愛着を持って守られている様子でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

生活スケッチ-60:20年記念

ブログの更新に間が開いてしまいました。

結婚日の記念に出かけることになっていたのですが、その前に仕事にきりをつけようと頑張ってました。

今回の結婚記念日は、20年目、磁器婚式ということになります。

で、ワイフの要望で、箱根のオーベルジュに行ってきました。

オーベルジュ オー・ミラドーです。

1986年にオープンしたこのオーベルジュは、フレンチレストランで食事をして宿泊するというスタイルの先駆けで、今では、施設も充実しています。

箱根の山を登り、野尻湖を見下ろす丘の中腹に、その建物は建っていました。

結婚式もできるパヴィヨン・ミラドーの前に車をとめ、部屋に通されました。

Dsc_0031

部屋のインテリアだけでなく、玄関を開けた瞬間から、ロビーを通り階段を登り、客室の廊下まで、その雰囲気は、以前訪れたフランスのチャームホテルそのもので、部屋にいると、ここが日本であることを忘れそうになるくらいです。

Dsc_0032

施設には2つの温水プールと、温泉があります。

その施設間は、バスローブで移動しても良いとのこと。

ベッドの上に置かれたバスローブには、小さなハーブが添えられ、細やかな心使いを感じます。

温泉に入り、のんびりした後、ディナーです。

食前酒にシェリーを飲み、前菜に、ワイフの大好物のホワイトアスパラのあるコースを注文。

ホワイトアスパラの前菜、貝の旨みが凝縮されたスープ、口直しのシャーベット、金目鯛、鳥のローストを頂きました。

ワインはグラスでもいろいろな種類があるということで、お勧めの白、赤を頂きました。

肉に合わせた赤は、フランスで泊まったチャームホテルの近くのワインということで、これも何かの縁と感激しながら頂きました。

私はメインの肉料理は、1/3も食べられないほど満腹に。

しかし、ワイフはデザートの前にチーズとワインを追加。

いつの間にかお腹の強さまで彼女に越されていたとは、、驚かされました。

そしてデザート。

Dsc_0036

記念日のホールケーキを注文していました。

写真のケーキの周りに見えるのは砂糖の糸。

直径11センチのクリームブリュレを、半分づつ食べました。

これでデザートが終わりと思いきや、キャラメルを薄く焼いた菓子、チョコレートのトリフ、オレンジのヌガー、マカロン、などなど、テーブル一杯にデザートが並べられました。

ここでも彼女は全種類を制覇。一方の私は、食べたいのに食べられない苦しみの中にいました。

Dsc_0039

この建物には、時計が置いてありません。

テレビやラジオといったものも無く、食事に集中して楽しむ、そんな場所になっていました。

部屋に戻り、美味しいものを食べつくした満足感と静寂に包まれ、その夜はぐっすり休みました。

Dsc_0035_2

翌朝、目が覚めると、朝の風景が広がっていました。

別棟で朝食。

カフェオレに大涌谷の温泉半熟卵、スクランブルエッグ、いろいろなパンと野菜のスープ、サラダを頂きました。

この食事も、フランスで経験したものと同じ。

地の食材を使い、料理が美味しく、細やかな心使いと、徹底した雰囲気造り。

とても満足する記念日となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

四国旅行-18:瀬戸内海を越えて

内子の町を見学したわれわれは、一路、姫路に向かいました。

最終日となる明日には、神戸、大阪での見学があり、その時間をかせぐためにも、出来るだけ神戸に近づいていたいとの思いから、姫路に宿を決めました。

本州から四国に陸路で渡るルートは3つあり、一つは淡路島経由、一つは香川から瀬戸大橋経由、そして、この日のルートである愛媛から岡山に入るルートです。

Dsc_0423

このルートは、点在する島々がつながれたルートで、尾道、松山という観光地をつなぐルートにもなっています。

当初の予定では、直島の宿泊も考えていました。

しかし、地中海美術館をはじめ、予定と休館が重なり、仕方なく断念しました。

次回、四国に来ることがあれば、直島には是非行きたいと思っています。

この日の移動は約300km。

瀬戸内海を越えるころには、日が沈み、夜景の行程となりました。

Dsc_0440

以前、この橋を造った会社の人に聞いたのですが、この規模の橋になると、地球が丸いことを考慮しないといけないそうです。

橋脚は地面に対して垂直に立てます。そうすると、橋脚の頭から頭までの距離と、道路の高さの橋脚間の距離に差が出るそうです。

地球が丸いため、高い位置にあるほど距離が長くなるためで、土木技術とは、とても壮大だと関心したことがあります。

そうした技術の粋を集めた橋も、国土交通省の利用予測という、極めて作為的な技術資料により、計画決定されています。

この旅の計画を立てる段階で、四国から直島のフェリーを調べました。約1時間弱で連絡しています。

観光で考えればのんびりフェリーも良いものです。

四国と本州をつなぐ橋が本当に3本も必要だったのか、四国の広さ、豊かさを見ると、疑問に思いながら、久しぶりの本州上陸となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

生活スケッチ-59:横浜中華街

昨日は横浜に行ってきました。

友人のライブを聞くためです。

しかし、せっかくの横浜なので、中華街で食事となりました。

横浜中華街は有名なこともあり、ネットで美味しそうな店を検索しても、有名店の情報ばかり。

そんな中で見つけた「山東」という店にしました。

Hi370088

農薬混入餃子事件以降、人が減ったという横浜中華街ですが、いやいや、結構な人混みでした。

地図をたよりに店に到着。しかし、そこには行列が。

Hi370089

でも、頭の中はネットで見た水餃子でいっぱい。仕方なく並ぶことに。

20分程度待ったでしょうか。店に入ることができました。

Hi370091

これが水餃子。皮がもちもち、具は野菜が多く、旨み汁たっぷり。

特製のたれもよく、美味しく頂きました。

Hi370090

他に注文したのは青菜炒めと酢豚。

青菜炒めは香りもよく、庶民的な料理ですが、美味しく頂きました。

と、言うわけで、中華街でお腹を満たし、また食べたくなる水餃子の味の余韻に浸りながら歩く事約30分。

日の出町のライブハウスに到着。

Hi370093

ビールを飲み、ライブを聞き。

横浜の夜を楽しんだ一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »