« 生活スケッチ-69:新国立美術館 | トップページ | 「ねこ」アルバム-54:そんなかっこで? »

2008年6月 9日 (月)

生活スケッチ-70:モディリアーニ

前回の新国立美術館の続き。

今回は、モディリアーニの絵について、思ったところを書いてみます。

展示については、彫刻は無く、絵画ばかりでした。

Dsc_0229_2

モディリアーニの描く人物の特徴は、アーモンド型の目となで肩と言われます。

この絵が描かれた時代、ヨーロッパ文化圏で、このような人物の抽象化は極めて特殊であったと思われますが、人物をデェフォルメして描く文化を持つ日本人のわたしには、さほど違和感なく、受け入れることができます。

上の写真左側の絵には、目玉が入っています。

これはわたしの感想ですが、目が描かれた作品には、何か違和感がありました。

一方、口びるの形については、どの絵もしっかり描かれています。

そして、もう一つしっかり描かれているのが襟元の形です。

ある男性の鉛筆デッサンでは、非常に柔らかく顔の周辺が描かれているのに、ネクタイの形が、とても強い線で描かれていました。

わたしは思うのですが、われわれはどうしても「目は口ほどにものを言い。」として、目から表情を読み取ろうとしますが、モィデリアーニは、それを単なる形に還元し、キャンバスに投射しなおして、人物画を描いていたと思うのです。

その作業は、同じ時代の作家が挑戦した抽象画とは手法は異なりますが、やはり、その時代の影響を色濃く受け、彫刻に情熱を持っていたモディリアーニの独特な感性が生み出した手法に思われます。

Dsc_0228

モディリアーニの絵には空気感があると言われます。

それは、口、襟の周辺がしっかり描かれ、その中心から少し離れた目でさえ形状は単純化され、絵の端部にあるスカートの部分等はとてもラフに描き、写真で言えば、絞りを開放して絵の中心部にピントを合わせ、周辺部をぼかしたものと同じ効果があります。

そのため、モディリアーニの絵は、絵から少し離れた位置に、その絵を見るわたしの目を固定するのです。

そして、絵と、絵を見るわたしの間に、ある緊張感のような空気を生み出していると思われます。

上の写真2点には、背景が描かれています。

その背景は抽象画とも言えるものですが、手前の人物より、よりしっかり描かれているため、この絵を見ていると、視点が人物の背景に固定され、背景とわたしの目の間に、人物が漂ってきます。

展覧会では、展示の一番最後に少女の絵がありました。

その絵は、全体が均質に描かれており、わたしは明らかな違和感を感じました。

その絵だけは、離れてみても、近づいてみても、絵の印象が変わりませんでした。

その絵を見て、わたしなりの空気感の解釈に気づいた次第です。

|

« 生活スケッチ-69:新国立美術館 | トップページ | 「ねこ」アルバム-54:そんなかっこで? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398105/21532556

この記事へのトラックバック一覧です: 生活スケッチ-70:モディリアーニ:

« 生活スケッチ-69:新国立美術館 | トップページ | 「ねこ」アルバム-54:そんなかっこで? »