イベント

2008年5月19日 (月)

生活スケッチ-67:伊豆旅行

以前勤めていた会社の同僚の方からゴルフの誘いがあり、先週末、伊豆に行ってきました。

金曜日の夕方に集合し、その方の別荘に宿泊、土曜日にはゴルフ、その夜は夕食を楽しみ日曜日に帰ってくる、男4人の週末となりました。

誘って下さったのは私にワインの世界を教えてくれた方で、男4人と言っても、ゴルフだけではない、ちょっと工夫のある、楽しい週末でした。

金曜日の夜は、久しぶりに集まったこともあり、深夜までいろいろ話が尽きず、土曜日のゴルフは若干寝不足ではありましたが、気持ちよく、楽しむことが出来ました。

ゴルフ場からの帰り道で食材を買い込み、いよいよ夕食です。

前菜のサラダは、ハーブ、トマト、モッツアレラ、ブロッコリー。

Hi370118

オリーブオイルと塩、胡椒だけの味付けですが、男料理としては十分です。

Hi370120

その他、持参したペースト、チーズを盛り付けました。

その間に、別のメンバーはバーベキューの炭火を起こしてくれました。

Hi370121

アスパラの豚バラ巻き、牛バラの他、コーンはラップで包んで電子レンジで温め、準備万端。

食材が揃い、火が起きたところで、スパークリングを開けて、乾杯!!

Hi370122

男だけにしては、手際よく、雰囲気もなかなかのものです。

Hi370124

地元のスーパーで購入したサザエ。約500円。

オリーブ、ガーリック、葱で味付けしてあります。

Hi370126

やはり、地元で購入した鯵。約350円。

日本酒を注ぎながらホイールの上で焼き、肉はしっとりし、とても美味しく頂きました。

今回、私の目的は、パスタを美味しく作ること。

残念ながら、写真を撮ることを忘れてしまいましたが、それなりに作ることが出来ました。

夕方5時ごろから始めた夕食は夜の10時過ぎまで続き、前日の睡眠不足、そしてゴルフの疲れもあり、満腹のままぐっすり眠ることが出来ました。

久しぶりのメンバーでいろいろな話をし、楽しく、充実した週末を過ごすことができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

生活スケッチ-66:連休も明けたというのに

連休も明けたというのに、ゴールデンウイークの話。

連休中には、筍の会と別に、大学時代のサークルの先輩のお宅を訪問させて頂きました。

昨年末に完成した新居に、我々夫婦も協力させていただいていたので、度々訪問はしていましたが、今回は食事会+飲み会ということになりました。

当日は、サークルのメンバーにも声をかけ、久しぶりに仲間で集まりました。

料理は奥様の手作り。ご馳走になりました。

Hi370114

筍にバジルソースを合わせたもの。

オリーブオイルが和の食材にもよく合っていました。

Hi370115

ホタテときゅうりを中華風ソースであわせたもの。

きゅうりがポテトをスライスする機械でスライスされており、ソースがよくからんで美味しかったです。

Hi370117

これは江戸川区在住の友人が持参したビール。

小松菜のビールです。

飲んでみると小松菜の風味がして、実に微妙な味わいでした。

結局、夜遅くまでお邪魔してしまいましたが、お宅もじっくり拝見させていただき、楽しい1日となりました。

ゴールデンウイークが明けて今日に締め切りの仕事があったため、バタバタとした日々を過ごしてしまいましたが、遠出はしなかったものの、美味しい料理を堪能した今年のG.W.でした。

今日から、木村拓哉主演の月9ドラマが始まりました。

このドラマの設定、実に微妙です。

政治の行き詰まり状況を、木村氏演ずる新人政治家がどのように変えていくかが見所といったところですが、リアルな社会にも、極めて深刻な政治の行き詰まり状況があり、ドラマの進捗に合わせて、政局再編の動きが起きるかもしれません。

このドラマがなぜ今頃からスタートしたかは解りませんが、7月のサミット後に総選挙が実施される可能性もあります。

その時、ドラマの反響と民意、選挙が微妙にからみ、本来争点とすべき現在の日本の状況があやふやになり、あらぬ方向に選挙の争点が動かされてしまわぬよう、注意しておく必要があるかもしれません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

生活スケッチ-65:筍

ゴールデンウイークが開けました。

今年は休みが4日しかつながらなかったこともあり、どことなく盛り上がりに欠けた感じでした。

とは言っても、毎日会社に行かなくてはならないことから開放された私には、休みはあって無い様なもの。

世間と同じ時に休んでも混んでいるばかりと言訳しながらも、何となく社会と一体になって盛り上がりたいのに、何処と無く盛り上がりに欠ける感じでした。

この4連休、遠出はしませんでしたが、お邪魔してご馳走を頂く機会には恵まれました。

連休最初の日は筍の食事会。

Hi370111

季節としては例年より若干遅くなりましたが、筍を美味しく頂きました。

Hi370110

これは角煮。美味しかったです。

Hi370112

鰹のたたきにローストビーフ。

ローストビーフは和風の料理に合わせて、ソースが和風でした。

Hi370113

パーティー向けの料理。おしゃれです。

このパーティーでは、酒屋さんから生ビール樽20L、炭酸ガスボンベを注文し、飲食店と同じ生ビールが飲めます。

この方式で10年近くになるでしょうか、人数が集まるのであれば、酒屋さんで予約できます。

午前中は雨が残っていましたが、丁度飲み始める4時過ぎにはパラパラ雨も上がり、ビールを美味しく飲むことができました。

帰りは終電まじかで少々あせりましたが、楽しい連休の初日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

生活スケッチ-59:横浜中華街

昨日は横浜に行ってきました。

友人のライブを聞くためです。

しかし、せっかくの横浜なので、中華街で食事となりました。

横浜中華街は有名なこともあり、ネットで美味しそうな店を検索しても、有名店の情報ばかり。

そんな中で見つけた「山東」という店にしました。

Hi370088

農薬混入餃子事件以降、人が減ったという横浜中華街ですが、いやいや、結構な人混みでした。

地図をたよりに店に到着。しかし、そこには行列が。

Hi370089

でも、頭の中はネットで見た水餃子でいっぱい。仕方なく並ぶことに。

20分程度待ったでしょうか。店に入ることができました。

Hi370091

これが水餃子。皮がもちもち、具は野菜が多く、旨み汁たっぷり。

特製のたれもよく、美味しく頂きました。

Hi370090

他に注文したのは青菜炒めと酢豚。

青菜炒めは香りもよく、庶民的な料理ですが、美味しく頂きました。

と、言うわけで、中華街でお腹を満たし、また食べたくなる水餃子の味の余韻に浸りながら歩く事約30分。

日の出町のライブハウスに到着。

Hi370093

ビールを飲み、ライブを聞き。

横浜の夜を楽しんだ一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

生活スケッチ-38:イタリア展

この季節になると、イタリア展がデパートで催されます。

どちらかと言うと、高級な食材を入手するというよりも、日ごろ手に入りにくい食材を探しに出かけます。

今年も、イタリア展に出かけました。

しかし、今年はユーロ高であること、ちょっと高級志向に動いていることがあり、例年よりお買い得が少なくなってしまいました。

Hi370031

それでもめげずにワインを購入しました。

例年であれば1000円代の美味しいワインを探すのですが、今年はイメージとしては500円ほど価格が底上げされているようでした。

Dsc_0040

後日、宅配便でワインが届きました。まずは風のチェックを受けます。

1400円のスプマンテ(発泡性白ワイン)はお買い得と判断、4本購入しました。

Dsc_0025

続いてパスタ。このメーカーが我が家の好みです。ちょっと離れたところでこのパスタを売っている店を見つけたのですが、値段はこちらの方が若干お得でした。

Dsc_0031

ワイフが選んだのがこれらのビンもの。

左上は塩ですが、ビンものは左から「アンチョビー」、「ガーリックペースト」、「バーニャカウダー」です。

最終日に再度買いに出る予定です。

例年、一部の商品が最後の最後に値下げするからです。

9月が暑かったため、いつの間にか10月半ば、あっという間に秋本番が来たような感じです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

生活スケッチ-37:トラットリア

昨日、かつて日本で一番予約の取れない店と言われた銀座のトラットリア、「ラ・ベットラ・オチアイ」に食事に行きました。

9月の初め、何時間も電話をして、ようやく、予約が取れたのでした。

ヨーロッパにも一緒に行った先輩のご夫婦と、以前勤めていた会社で同じグループにいた先輩のご夫婦と6人での食事となりました。

食事はシェアすることにして、前菜、プリモ、セコンダを3種類オーダーしました。

Hi370038

前菜で一番美味しかったのが、「牡蠣とパンチェッタのバルサミコソース」でした。

牡蠣の身の味と、パンチェッタ+バルサミコの濃い味が、見事に調和しており、初めて食べる味でした。

プリモは、季節ということで「ポルチーニのリゾット」、「雲丹のパスタ」、「白レバームースのパスタ」をオーダーしました。

Hi370039

「白レバームースのパスタ」は、この店に来る度に注文するのですが、何度食べても「美味しい~」とうなってしまいます。

メインは「スペアリブの煮込み」、「すずきのジェノベーゼソース」、「ミックスグリル」をオーダーしました。

Hi370042

こんがり焼かれた皮の部分と、プリプリした身がとても美味しかったです。

その後、食後酒に「レモンチェロ」、「サンブッカ」、「ハーブの香りのお酒(名前を忘れました。」を飲み、ドルチェをいただきました。

Hi370047

ラ・ベットラの自慢のプリン。美味しかった。

Hi370048

紅茶のムースは、紅茶味と簡単に片付けられない、素朴で味わい深くいただきました。

どの料理も、とりたてて高級な素材で特別な味を作り出しているのではありませんが、とても素直に、「美味しい」といってしまう料理でした。

ただ、残念なことに、このコースでも、量的に限界であることがわかりました。

何度か食べに来ているのですが、こんなことは初めてでした。

年には勝てないものです。

しかし、美味しく食べるということは元気がでます。

ありがとう。ごちそうさま。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

生活スケッチ-36:コンサート

今週はいろいろなことがありました。

4日には、渡辺貞夫氏のライブに行きました。

Dscf5028

このライブは毎年楽しみにしているものです。

Dscf5026

ライブの前には食事の時間があり、ワインを飲みながら演奏を楽しめます。

Hi370033

演奏時は撮影禁止なので、だれもいないステージを撮影しました。2階の一番ステージに近い席だったので、ピアニストのパフォーマンス溢れる演奏を、上からしかり見ることが出来ました。

Hi370034

客席はこんな感じ。演奏前にナベサダ氏が挨拶していました。

ライブは、ピアノが今売り出し中のステファン・スコット氏、バスがカリフォルニアを中心に活躍するデイブ・カーペンター氏、ドラムはナベサダ氏と交流の深いハービー・メイソン氏でした。

サックスからピアノ、バス、ドラムそしてピアノそしてサックスへと、メロディーが受け渡され、気持ちの良い時間を過ごすことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

生活スケッチ-32:銀座

昨日は、東京フォーラムで行われた「東京JAZZフェスティバル」に行ってきました。

Dscf4960

最初は「The Duke Elington Orchestra」。

かのドューク・エリントンの意思を引き継ぎ、ジャズを守り続けてきたビッグバンドです。

JAZZについて詳しい訳ではありませんが、これぞJAZZだという雰囲気でした。

「Les Freres」は、日本人の兄弟が、1台のピアノで連弾するスピィーディーで、見るものを引きつけるピアノ演奏でした。

「Stacey Kent」は、ブルーノートレーベルからリリースされた歌手とのことで、聞いていて心が穏やかになり、いつまでも聞いていたいと思わせる歌声を持つ女性ボーカリストでした。

彼女の最後の曲は、ルイ・アームストロングの「WHAT A WONDERFUL WORLD」 でした。

最後の登場は、小曽根真率いるビッグバンドによる演奏で、最後に、特別ゲストが参加してのアンコールがあえいました。

いずれも聞き応えあるJAZZばかりで、4時間近いステージでしたが、とても満足しました。

会場に向かう前に、銀座で軽く食事をすることになり、プランタンに入りました。

最近、銀座は急速に変化しているとのことで、プランタン周辺も人であふれかえっていました。

プランタンの地下で、イートインを探しました。

中華風ハンバーガーの店とベトナム麺の店が、テーブルコーナーを共有して並んでいました。

わたしはハンバーガーを、ワイフは麺を食べました。

Hi370021

中華まんのような蒸しパンに「岩中豚」のハンバーグを注文しました。

ハンバーグも美味しかったのですが、その下に引かれていたのがシソの葉と薄くスライスされた大根でした。

大根は歯ごたえを、シソは香りをたたせ、肉の味、パンの食感ととても合っていました。

これはアイデアと関心したのが、パンにつくサラダです。

写真に写っている通り、スティック状の野菜がライスペーパーにくるまれています。

生春巻き風で、それ自体は珍しいものではありませんが、ファーストフードのサラダは、食べにくく、細かくカットされていて食感もないのに不満を持っていましたが、こうして食べると、パックなどのゴミも少なく、フォークも必要なく、美味しく食感も味わえる。

わたしの中でヒット商品となりました。

Dscf4965

味、アイデア、いずれも「さすが銀座。」と納得するハンバーガーでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月25日 (土)

生活スケッチ-27:バーベキュー

今日は、鎌倉のお宅に訪問して、バーベキューでした。

そこで、昨日初体験したクリスピークリームドーナッツを持って行くことにしました。

電車の発車時刻の1時間半前、店に到着し、並びました。

Hi370012

この暑さの中、店はサービスとして、飲み物のサービスと、日傘のサービスをしてくれました。

更に、以前からのサービスですが、並んでいる人達に、出来立てのドーナッツをサービスしてくれます。

この出来立てのドーナッツが、柔らかくふっくらしていて、美味しいのです。

ここで、自分の好みに買おうとすると時間がかかるのですが、ランダムの12個入りボックスだと、途中から別の列になり、待ち時間が短縮されます。

おかげで、30分ほどで買うことができました。

Hi370013

店を出てみると、わたしが並んだ時より列が長くなって、店の横の橋の上まで並んでいました。

Hi370014

ちょっとラッキーでした。

そのまま電車にのり、鎌倉へ向かいました。

20リッターの生ビールをセットし、バーベキューが始まりました。

Hi370016

やはり海が近く、土と木の多い環境のため、東京より2~3度は気温が低いようです。

Hi370018

5時ごろから始まったパーティーもお腹がひと段落したころ、ドーナッツの登場です。

Hi370019

うわさは知っているけど食べるのは初めて!と、喜んでもらいました。

夜になると気温も若干下がり、こうこうと輝く月がすんだ空に見えました。

このバーベキューが終わるといよいよ夏も終わり。

秋の気配を感じながら、暑さの残る東京への帰路につきました。

Banner_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

生活スケッチ-18:ジュピター

昨日、久しぶりに銀座に行きました。

Hi370003

歩行者天国になっていました。道路が白く見えるのは、道路の温度上昇を防ぐ塗料を塗布しているためだと思います。

銀座を抜け、東京フォーラムで平原綾香さんのコンサートを聞きました。

Dscf4801

彼女の代表作に、「ジュピター」という曲があります。

この曲の元になったのは、ホルストの「惑星」ですが、クラシックの曲に日本語の歌詞をのせたところが新鮮でした。

ホルストの「惑星」を始めて聞いたのは、クラシックとしてではなく、わたしが高校生のころ、シンセサイザーを駆使した富田勲氏のアルバムを、友達に借りてのことでした。

この記事を書くに当り、「惑星」について調べたところ、映画「2001年宇宙の旅」に「惑星」が使われていたと記憶していたことが、間違いであることが解りました。

Dscf4816

上のCDが「惑星」、下は「ツァラトゥストラはかく語りき」です。下の曲は「2001年宇宙の旅」に使われていました。

こうして別々にCDを買っているのに、20年近く、記憶違いをしていました。

Hi370006

平原綾香さんが、この曲に詩をのせて歌ったことに、いろいろ意見もあるようですが、わたしは「ジュピター」が好きです。

歌詞の一節です。

「夢を失うよりも 悲しいことは 自分を信じて あげられないこと…」

明日の自分を信じ、力が沸いてくる気がします。

Banner_29

| | コメント (3) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧